薄毛解消の抗男性ホルモン剤はあるか?

薄毛解消のための「抗男性ホルモン剤」はありますか?

 

 

簡単に手に入るものでしょうか。

 

抗男性ホルモン剤などというものはありませんね

 

女性ホルモン剤

育毛、発毛を考えるときに、男性ホルモンの分泌を抑えたいとか、女性化ホルモンを打てばいいんしゃないとか、そんな危ないことをいう人がいますッ…

 

 

いえいえ、男性ホルモンは大切ですよ。

 

 

そもそも、男性ホルモンを勘違いしてます。

 

 

男性ホルモンの作用には、それ自体で薄毛の原因として働くことはないですよ。

 

 

もし男性ホルモンに薄毛化作用があれば、男性ホルモンの分泌量が一番多い年代、高校生~大学生くらいはハゲばかりということになりますから(笑)

 

 

んなことなってないですし。

 

 

通常、男性の体内(睾丸)で分泌される男性ホルモン(テストステロン)の作用は、強い筋肉や骨格を作り出したり、精神の安定を支えたりする、男性が男性であるための「超」大切なものです。

 

 

その作用は薄毛の直接の原因になっていると考えられてはいません。

 

 

薄毛は男性ホルモン違いの「悪玉男性ホルモン」

 

たしかにもともと、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量の多い男性は、薄毛になりやすいといわれています。

 

 

ですから、薄毛に悩む多くの男性が男性ホルモンの分泌量を減らしたいと考えるのは無理はないでしょうね。(´・ω・`)

 

 

しかしながら、たとえ男性ホルモンが減ったとしても、男性ホルモンが薄毛を引き起こしている原因でない以上、男性ホルモンの分泌量を抑えることに意味はありませんよね。

 

 

では、何が薄毛の原因になっているのでしょう。

 

 

それは、男性ホルモンが変容した「悪玉男性ホルモン」です。

 

 

5αリダクターゼという還元酵素が良性の男性ホルモン(テストステロン)に受容して作り出す悪玉の男性ホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれているものです。

 

 

実は、この悪玉男性ホルモンは、少なくなってきた男性ホルモンを補うために作り出されるものだと言われます。

 

 

男性ホルモンの分泌量は30代、40代と減っていくわけですが…

 

 

少し男性ホルモンの分泌量の変化で、5αリダクターゼが敏感に反応してしまうということですね。

 

 

一般的には、それとともに薄毛が進行していくのはつじつまがあいますね…

 

 

悪玉男性ホルモンは毛髪を根こそぎ奪ってしまう恐れが…

 

このジヒドロステロンについては体質や遺伝によって、影響を受けやすい(つまり感受性が高い)人と影響を受けにくい人がいます。

 

 

もともと、感受性の高い人が薄毛になりやすいのです。

 

 

このジヒドロテストステロンへの感受性の高さが原因で発症する「男性型脱毛症」(AGA)は、症状がドンドン進んでいき、止まりません。

 

 

薄毛では終わらない可能性が高いのです。

 

 

ほおっておけば、いずれは頭頂部と前頭部の毛を根こそぎ奪ってしまう恐れがあります。

 

 

どうも、禿げ方は血液型によって違うようですが、いずれにせよ、物凄いことになるのは間違いないので、割愛します。
(女性は全体的に薄毛になるだけです。これを「びまん型」といいます。)

 

 

どうやって悪玉男性ホルモンDHTを止めるのか

 

「抗男性ホルモン剤」なんてありませんから(笑)

 

 

一体どのようにして男性型脱毛症(AGA)の進行を抑えるのかといえば、今のところ、悪玉男性ホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)になる前段階を抑えるしかないですね。

 

 

DHT(ジヒドロテストステロン)は、5αリダクターゼ(還元酵素)が少量の男性ホルモンから作り出すものです。

 

 

5αリダクターゼ(還元酵素)を抑えるのが一番確実だとして、研究が進んできます。

 

 

5αリダクターゼについては医薬品である成分「フィナステリド(」製品名「プロペシア」)が、その作用をほとんど止められることが分かっています。

 

 

また、5αリダクターゼは還元酵素なので、他の成分から影響を受けやすいのです。

 

 

天然の植物成分でも抗5αリダクターゼの作用を持つものが続々と発見されています。

 

 

確実性を求めるなら「フェステナリド」

 

ただし、天然成分についてはあくまでもメーカー独自の臨床研究に基づいたものであり、1つとして、公的機関がその効能を公に認めていることはありません。

 

 

つまり、確実性はないのですね。

 

 

5αリダクターゼの阻害効果があると唱っている育毛剤や育毛サプリはありますが、どこにもお墨付きはないです。

 

 

ただ、効果がないかといえば、ないとは言い切れないです。

 

 

育毛剤や育毛サプリメントの効き方もまた、体質の部分が大きいですからね。

 

 

医薬品のような、強い成分ではないですから、体質に頼る部分が大きいです。

 

 

これらでどうにもならず、確実性を求めるならば、「フィナステリド」の使用は念頭に入れておきましょう。

 

 

抗男性ホルモン剤の変わりを勤めることは確かですから(笑)

 

 

「フェステナリド」を含む育毛医薬品を掲載したページです。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓育毛化粧品一覧へ↓↓

育毛化粧品ランキングへ


↓↓育毛剤ランキングへ↓↓

育毛剤ランキング



トップページへ


 

トップへ戻る