ちょっと広告派手すぎて損してない?「LpLp薬用育毛エッセンス」

ルプルプ広告1


マサトです。

 

 

ん?こんな育毛剤あったのか…って、有望だなと思ったのが「LpLp薬用育毛エッセンス」です。

 

 

これは成分的にはなかなか優秀です。

 

 

でもちょっと問題があって、広告が派手すぎるんですよね。

 

 

概して、育毛剤の広告というのは派手なんですが、誤解を与えかねない表現が散見されます。

 

 

また、ライバルと比べて購入条件が良くないのです。これは下に詳しく書こうと思います。

 

 

まず、この商品は、簡単に特徴を説明すると、ガゴメ昆布の海藻エキス-1と、ビワ葉エキスが主力の育毛剤です。

 

 

それは取り立てて、物凄いことではなくて、天真堂さんの「BUBUKA」などのブランドの育毛剤には大体使われている素材ですから、特に新しくすごいということはありません。

 

 

ですが、成長因子FGF7や、対抗因子FGF5の話を持ち出したり、海藻エキスでの育毛を「ハイブリッド」などと名付けたりして、ちょっとイメージ戦略的に「髪が生えてくる」ような「雰囲気で」あおってるなあと思います。

 

 

広告に掲載している個人の感想もですね、よーく読めば、特に「髪が生えてきた」なんて言ってないんですね。

 

 

厚生労働省に「医薬部外品」と指定された薬用育毛剤というのは、「髪を生やすこと」を目的とした成分ではありません。

 

 

「健やかな髪の成長を促すよう『頭皮を健やかにする』」目的のものです。

 

 

つまり、畑でいえば、種に向かって直接肥料をまくのではなく、まずその前に畑を耕して、土を作りましょう。というスタンスなんですね。

 

 

髪を生やすことを目的としたものではないのです。

 

 

その前段階、頭皮環境を改善しましょうよ、というものなのです。

 

 

ですから、ちょっとつけただけでは、効果のほどが良くわからない。

 

 

それが薬用育毛剤というものです。

 

 

ですから、個人の感想も「髪が太くなったような感じがする」で終始しているわけです。

 

 

僕、マサトはちょっとそこが気にかかります。

 

 

実際、この「LpLp薬用育毛エッセンス」は結構人気商品なのですが、どうも返品率が高いようなんです。

 

 

髪に合わない、ひょっとしたら、好転反応が少しは気になる、というレベルはあるのかもしれません。

 

 

でも僕はちょっと派手な広告が原因じゃないかなあと思っています。(まあ、定期便のみなんで、定期便の回数条件が厳しいというのもあると思います。)

 

 

広告の雰囲気で、「生えてくる」ということを期待したけど、生えてこない、ということかなあ…と思います。

 

 

えーっとですね、薬用育毛剤はそこを期待してはいけません。

 

 

もし、そこまでの期待をしたいなら、成長因子を入れてある、「BOSTONスカルプエッセンス」などの「育毛化粧品」のほうを選ぶべきでしょう。

 

 

実際、昆布エキスには成長因子FGF7自体が入っているわけではないのです。

 

 

実験的にシャーレ―の毛根に成分を染み込ませてみたら、FGF7量が増えていたということです。

 

 

ただし、人の頭皮における実験の結果を示してはいませんけどね。

 

 

これは天真堂の育毛剤「イクオス」「チャップアップ」「BUBUKA」女性用の「マイナチュレ」なんかでも、実験されていることなので。

 

 

「LpLp薬用育毛エッセンス」は薬用育毛剤の出来としては良いものです。大きくリニューアルした「イクオス」ほどではないですが、「チャップアップ」「BUBUKA」以上に海藻成分が濃いですし。

 

 

もうちょっと広告のテンションを抑えたほうがいいんじゃないかなあ…と思うマサトです。

 

 

「LpLp薬用育毛エッセンス」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

 

「LpLp薬用育毛エッセンス」の成分

 

ルプルプ広告2

「LpLp薬用育毛エッセンス」は、縦長の広告で内容がかなりわかりにくいのですが、要するに特徴となる成分は2つ。

 

 

「ガゴメ昆布」の粘り成分(フコダイン)「ビワ葉エキス」です。

 

 

ガゴメ昆布の粘り成分「フコダイン」は、有名なバイオ関連企業「タカラバイオ社」の低分子化技術により、毛根にしっかり浸透するようになっているとのことです。

 

 

「タカラバイオ社」は酒造メーカー「宝ホールディングズ」のグループ企業で、東証マザーズ上場企業です。

 

 

「LpLp薬用育毛エッセンス」販売元の「Jコンテンツ」はこの「タカラバイオ社」の技術協力の下で「LpLp薬用育毛エッセンス」を作り上げています。

 

 

1.ガゴメ昆布が持つフコダイン配合 

 

タカラバイオ社の研究によると、北海道産ガゴメ昆布のフコダインエキスは、毛根の細胞成長増殖因子FGF7たんぱく質を450%に増やしたとされます。(ほかにワカメのメカブが300%程度。)

 

これはタカラバイオ社により、実際に美容学会で発表され、ガゴメ昆布エキスを使った育毛エキスは国内で特許が採られています。

 

 

2.ビワ葉エキス配合 

 

ルプルプ広告3

ビワ葉エキスは、髪の対抗因子であるFGF5をブロック、またDHTジヒドロテストステロンを産生する原因となる還元酵素「5αリダクターゼ」もブロックするといわれます。

 

つまり「抜け毛を防ぐ」ための成分です。

 

ただし、この成分が本当に先にあげたことに対して効果があるのかどうかという臨床研究報告はされていません。

 

このような成分はほかにもオウゴンエキスやヒオウギエキスなど、あるわけですが、「LpLp薬用育毛エッセンス」にはそれらは入ってませんね。

 

ビワ葉エキスは、男性用育毛剤から女性用育毛剤まで大体入っている成分であり、珍しいものではありません。

 

 

他、「LpLp薬用育毛エッセンス」には当然、頭皮の血行を促進する成分や、抗炎症成分などが入りますが、取り立てて特徴的なところは無く、とかく「ガゴメ昆布が持つフコダイン」がとにかく売りの育毛エッセンスです。

 

 

まあ、実はかなりシンプルな育毛剤で、刺激も強くなく、香料も使っていないので、女性の産後の抜け毛などにもいいと思いますよ。実際、パッケージの「効果効能」に産後の脱毛を防ぐ(目的)という文言がありますし、特にこの商品は男性だけを見てはいませんから。

 

 

「LpLp薬用育毛エッセンス」の全成分を記載します。

 

 

[容量]
150mL (約2ヵ月分)
[効果・効能]
育毛、発毛促進、養毛、ふけ・かゆみを防ぐ、病後・産後の脱毛を防ぐ
有効成分:
グリチルリチン酸2K、パントテニルエチルエーテル、タマサキツヅラフジアルカロイド、センブリエキス
その他成分:
常水、精製水、海藻エキス(1)、コムギ胚芽エキス、ビワ葉エキス、ユーカリエキス、油溶性マサキエキス、ショウキョウエキス、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油、l-メントール、pH調整剤、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、BG、エタノール、無水エタノール、フェノキシエタノール

 

 

「LpLp薬用育毛エッセンス」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

定期便は初回だけが大きく割引。あまり他の育毛剤では見かけない販売手法。

 

ルプルプ広告4

「LpLp薬用育毛エッセンス」は返金保証をつけたり、止めたりしています。

 

 

返金保証がなかったので、定期便の1回分の価格を落として、初回を税込980円、送料無料にしています。

 

 

定期便の使用は最低3回とあります。これは以前と条件は同じです。

 

 

尚、2回目以降は、通常価格より少し割引にはなりますが、ほぼフル価格です。

 

 

しばらく返金保証なしで行っていたのですが、さすがに販売数が低迷したのでしょう。現在では10日間の返金保証をつけています。

 

 

商品がダメというわけではありません。

 

 

商品は海藻成分は濃いですし、5αリダクターゼをブロックすることもしっかり考えてるし、有効成分が4種類も入っているわけですから、育毛剤として、期待値は高いほうだと思います。

 

 

3回の定期便となると、約半年続けるということになります。その定期便の長さと、コストパフォーマンスなどを考えて考え直す人が多かったのではないかなあと思います。

 

 

これではしゃれにならない…と考え直した末に返金保証を廃止し、初回の価格を大きく落としたのでしょう。

 

 

ですが…やはり返金保証をつけないと売れなかったと。

 

ルプルプ返金保証

でも、商品に自信があるのなら、ほかと条件を横並びにすればいいと思うんですよ。

 

 

他はほとんど、初回の価格は通常よりは安いですけども、この育毛剤の通常価格と同等の価格です。

 

 

ですが、30日返金保証を付けて、定期便はいつでも休止可能にしています。

 

 

始めるハードルは低くする。そして、止められるハードルも低くする。

 

 

安心感を得て購入し、本当に良かったら続けるというものです。

 

 

最初からヘンなしばり方するから印象が悪くなるのです。

 

 

どの育毛剤をやっても、ヘアサイクルの影響は変わらないので、6か月は見越してやらなくてはなりません。ですから、頭皮に合うか合わないか確認できたら、あとは腰を据えて6か月続けてみる、ということをしなくてはダメです。

 

 

たしかにそうなんですが、それを理屈に縛るのはどうかと思います。

 

 

他のライバルに本当に勝つ気であれば、ホント、条件は横並びにしてほしいですよね。

 

 

もしくは、初回980円にするくらいだったら、通常価格を3980円くらいして、普通に売ればよいのではないですかね。

 

 

そのほうが、よほど購入するユーザーには心理的抵抗がないように思うんだけど…まあ、単に僕の一ユーザーとしての意見なんですけどね。この考え、少数派?(;´∀`)

 

 

 

「LpLp薬用育毛エッセンス」を特にお奨めしたい人

 

  • 男性型脱毛症の気がある方。
  •  

  • 本気で育毛に取り組みたい人。
  •  

  • 育毛ケアをずっと続ける覚悟のある人。(男性型脱毛症の場合、ケアを中止したとたんに症状が再進行します)
  •  

  • 男性型脱毛症を止めたいが、医薬品は使いたくないと考えている人。
  •  

  • 女性用育毛剤で全く効果を感じられない女性。(女性でも男性型脱毛症は発症します。)

 

「LpLp薬用育毛エッセンス」を特にお奨めしない人

 

  • 製品の効果が信じられない方。(信じなければ買えませんよね(-∀-`; )。長期返金保証があります。)
  •  

  • 定期便をする気がない人。(定期便は1回目は安いですが。一度始めれば3回、半年間解約できません。ですが髪の増加を実感するには髪の休止期の期間半年は続けたいですけどね)

 

 

「LpLp薬用育毛エッセンス」の公式サイトで詳細を確認。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓育毛化粧品一覧へ↓↓

育毛化粧品ランキングへ


↓↓育毛剤ランキングへ↓↓

育毛剤ランキング



トップページへ


 

トップへ戻る