キャピキシル配合育毛化粧品「ザ・スカルプ5.0C」

ついに登場した2番目のキャピキシル配合育毛化粧品「スカルプ5.0C」

スカルプ5.0C広告

いや、ついに登場しちゃいました…

 

 

医薬部外品としては認められない、「成長因子」やカナダ発の新素材「キャピキシル」を5%配合した、「モンゴ流Deeper3D」と同等の育毛化粧品「ザ・スカルプ5.0C」(メーカー:美彩)が発売になりました。

 

 

名称「スカルプ5.0C」の5.0Cは、「キャピシキルを5%以上含んでいるよ」という意味です。

 

 

ところで、メーカーホームページには「スカルプ5.0C」は現在キャピシキル5%推奨配合認証マークの使用を許可されているのは日本で唯一の化粧品とあります。

 

 

Deeper3Dは、エンブレムの使用が許可されており、このあたりは調査不足か、それとも付与されている認証方法の違いかということになると思われます。

 

 

キャピシキルとは

 

スカルプ5.0C広告2

キャピシキルについては、「Deeper3D」のところでもかなり詳しく書いたんですが、おさらいします。

 

 

キャピシキルは2つの材料を混合した新素材です。

 

 

  • アセチルテトラペプチド-3 

 

4種類のアミノ酸で構成されていて、強力に毛包の構造維持に働き掛ける成長因子。

 

育毛医薬品「ミノキシジル」の3倍の細胞分裂を引き出すとの臨床結果を持つ。

 

 

  • ビオカニンA(アカツメクサ)

 

男性型脱毛症を引き起こす、悪性男性ホルモン(DHT)に良性の男性ホルモンを変容させてしまう、還元酵素「5αリダクターゼ」の活性を強力に阻害する。

 

 

この2つの素材を掛け合わせると、ミノキシジルの3倍もの発毛作用を持ち、さらに5αリダクターゼの活性も強力に抑え込んでしまうという、最強の発毛成分が出来上がります。

 

 

これが「キャピキシル」なんです。

 

 

このキャピシキルは、濃度3%以上含めば濃いと言われますが、「スカルプ5.0C」の濃さは5.0%です。(Deeper3Dも同じ)

 

 

「スカルプ5.0C」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

「スカルプ5.0C」のジャンル

 

スカルプ5.0C広告3

「スカルプ5.0C」のジャンルは化粧品です。

 

 

Deeperシリーズのところでも述べていますが、名称を「育毛剤」として出す場合は、成分として入れられないもの、また、超えてはならない濃度というものが出てきます。

 

 

「育毛剤は効きが悪い」なんてよく言われているのですが、そもそも育毛剤は「頭皮の環境を発毛に適したものにして」「自力の発毛を促す」ものなんです。

 

 

発毛力を外から補てんするということは認められていません。

 

 

なぜかというと、厚生労働省のほうで、効能の確認などが追いつかないこと。

 

 

また、規制を変えるのに期間が何年もかかってしまうからです。

 

 

海外では、何年も前から、有効な成分が使われているのに、日本では認められない…

 

 

育毛分野をはじめとした分野は、研究ではなく、実用化の部分で海外に大きく後れを取っています。

 

 

そこで、「化粧品」でリリースすることで、常識を打ち破ったのが「Deeper」シリーズなのですが、成功すれば、他にも追従するメーカーが現れるだろうなと思っていました。

 

 

「スカルプ5.0C」に続き他にも出るかもしれません。

 

 

育毛ケアは成長因子の時代に大きくかじを切っているのです。

 

 

「スカルプ5.0C」の成分

 

スカルプ5.0C広告5

「スカルプ5.0C」は、全41種類の成分を含みます。

 

 

印象としては、「上質の薬用育毛剤に成長因子を配合した」という印象ですね。

 

 

つけごこちはマイルドです。

 

 

成長因子はキャピキシルのほか

 

 

  • 発酵プラセンタ(成長因子EGF、FGF・シアル酸)
  •  

  • 成長因子 オクタペプチド‐2
  •  

  • オリゴペプチド41(KGF)

 

 

を含みます。

 

スカルプ5.0C広告6

これは「Deeper3D」には質的に及びませんが、そもそも育毛剤には入れられない成分ですから、育毛剤とは比べられない成分ですね。

 

 

育毛剤成分としては

 

 

有効成分:センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム

 

 

をはじめ、殺菌、保湿のための天然生薬成分や、髪の成長を助ける酵母発酵エキスなど、医薬部外品の上質育毛剤と同等の様々な成分を含みます。

 

 

さらに、「スカルプ5.0C」はサラサラです。

 

 

香りもなければ、色もありません。

 

 

なのに、発毛力はハンパない。

 

 

これは男女ともに嬉しい現実ですね。

 

 

「スカルプ5.0C」は8種類の無添加。育毛製品の中でも、トップクラスの安全性です。

 

 

無添加内容:
香料、石油系界面活性剤、着色料、パラベン、シリコン、鉱物油、紫外線吸収剤、酸化防止剤

 

 

全成分を掲載します。

 

 

全成分:
水、BG、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、オクタペプチド-2、オリゴペプチド-41、金、白金、フムスエキス、カミツレ花エキス、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、クエン酸Na、サンショウ果実エキス、プルサチラコレアナエキス、ウスニアバルバタエキス、銀、セルロースガム、炭酸水素Na、ダイズ種子エキス、アロエベラ葉エキス、カンゾウ根エキス、イノシトール、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、アラントイン、グリチルリチン酸2K、プラセンタエキス、黒砂糖、酵母発酵エキス、PCA-Na、ソルビトール、セリン、グリシン、アラニン、トレオニン、グルタミン酸、リシン、プロリン、アルギニン
内容量:80ml

 

 

 

さらにリニューアルで浸透力が格段にアップ!

 

 

・毛穴の1/250000のナノ浸透!

 

・マイナスイオン「JET FROW」効果採用!

 

 

「スカルプ5.0C」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

超長期全額返金保証

 

スカルプ5.0C広告3

なんと、「スカルプ5.0C」には、超長期の返金保証が付きます。

 

 

その期間は商品着荷から60日間

 

 

2本分まで試せるというんだから、何とも太っ腹ですね。

 

 

これはやらない手はないです。

 

 

内容量、価格

 

内容量はDeeperより20cc多いです。

 

 

Deeperは溶液を無駄にしないためにスポイト式となっていますが、「スカルプ5.0C」は直接容器を押し付けるタイプ。

 

 

Deeperは材料がどれも濃く、原価が高いので、スポイト方式を取っているとのこと。

 

 

「スカルプ5.0C」はキャピキシルと一部成長因子以外は薬用育毛剤と同成分。

 

 

そのあたりはやや原価の違いでそうなってるのかなと思います。

 

 

ただし、1本価格はどちらも普通の育毛剤に比べると高価です。(定期便は初回半額ですが)

 

 

キャピキシルの原価がそれだけ高いと言えるのだと思います、

 

 

定期便のススメ

 

スカルプ5.0C広告7


「スカルプ5.0C」は定期便があります。

 

 

定期便は初回半額、もちろん全額返金保証ありです。

 

 

さらに初回発送分には特典がついてくる場合があります。

 

 

この記事を書いている現在では、メーカー「美彩」さんの傑作育毛サプリメント「GUNGUN(ぐんぐん)」が1パッケージ(1か月分)ついてきます。

 

 

これは他の育毛化粧品とかなり差ができますね。

 

 

尚、育毛サプリメント「GUNGUN(ぐんぐん)」」の製品詳細は下のページをご覧ください。(僕が運営する外部サイトです)

 

 

育毛サプリメント「GUNGUN(ぐんぐん)」/悪玉男性ホルモンを抑える育毛(発毛)サプリ!女性も使える!

 

 

ちなみに「Deeper」シリーズには、定期便はありません。

 

 

今後どうなるかはわかりませんが。

 

 

でも定期便でやったほうがいいに決まっています。

 

 

そもそも、育毛剤はあまりまとめ買いさせるものではありません。

 

 

続けなくては、状況がもとに戻ってしまうからです

 

 

いくら、キャピキシルが良い成分でも、実際に効果が確認できるまでは3ヶ月を要すると思ってください。初回特典分だけでやめとこうなんて思わないでくださいね。

 

 

なぜかというと、ヒトの髪は「生え換わり」を常にしています。

 

 

一度髪が抜けてしまうと、次に新しい髪が生えるには、約3ヶ月間の準備期間が必要です。

 

 

その間しっかり毛包に因子で刺激を与え続けないと、さほど意味がないということになりかねません。

 

 

できれば、成長が安定する3ヶ月期間も合わせて、6ヶ月以上の継続はみましょう。

 

 

あとは、男性型脱毛症ですから、以降の5αリダクターゼ対策はどうするかということですね。

 

 

定期便について詳しくは公式ページを確認ください。

 

 

「ザ・スカルプ5.0C」を特にお奨めしたい人

 

  • 攻めの発毛をさせたい人。
  •  

  • 短期間で結果を出したい人。
  •  

  • 今までに「医薬部外品」の育毛剤で効果が分からなかった人
  •  

  • 本気で男性型脱毛症を止めたいが、医薬品は使いたくないと考えている人。
  •  

  • お試ししたい人(返金保証あり)
  •  

  • 「Deeper3D」の成分の濃さが心配な人

 

「ザ・スカルプ5.0C」を特にお奨めしない人

 

  • 製品の効果が信じられない方。(信じなければ買えませんよね…。)

 

 

「スカルプ5.0C」の公式サイトで詳細を確認。

 

購入前に必ずお読みください!好転反応にご注意!


育毛化粧品、特に「Deeper」シリーズの「Deeper3D」については、1つ1つの成分がとても濃いです。



健康食品を食べたとき等に従来よりからだの調子が一時的に悪くなったりする「好転反応」が確認されています。



これは、調子の悪い個所が、漢方薬や健康食品の影響を受けて、一部の悪い細胞が拒否反応を起こすことをいいますが、一過性のものです。



細胞の代謝によって変質細胞が正常細胞に修復されれば、急速に良い方向に進んでいきます。



濃い「育毛化粧品」は、つけて数日は、頭皮が栄養に慣れるまでフケが出たり、抜け毛が多めになったりという人がいますが、すでに弱っていた頭皮と毛根が代謝されている状態です。



それらが落ち着くまでは、数日から長ければ1週間くらいかかることがあります。



その「好転反応」を耐えきれていけるかが、特に「Deeper」シリーズの最大の難関です。



「Deeper」シリーズは他の育毛剤に比べて、頭皮に合わないことの返品率がかなり高いです。



これは、好転反応が他の育毛剤よりも出やすい証です。



「Deeper3D」は14日間のお試しが、お試しボトルがついてきてできますから、好転反応あるのか、また好転反応が治まるかを試しましょう。



1週間、10日で状況が好転しなければ、頭皮肌が極度に弱いということが考えられます。



「Deeper3D」はまとめ買いで安くはなりますが、最初の1本は単品購入したほうが無難です。



尚、育毛化粧品の成分的な強さは、同分量の「キャピキシル」を含むとはいえ、「ザ・スカルプ5.0C」のほうが圧倒的に緩いです。



「ザ・スカルプ5.0C」は通常の無添加育毛剤に「キャピキシル」を入れたというような製品であり、育毛剤に近いつけ心地です。



頭皮が弱いかもしれないという懸念があるかたは、特に「ザ・スカルプ5.0C」をはじめたほうがよいでしょう。



尚、「BOSTONスカルプエッセンス」や「バイタルウェーブ」も好転反応については「Deeper3D」ほどではないにせよ、懸念されるようななかなかに強い内容なので、できればまとめ買いよりは定期便で様子を見ていったほうが良いような気がします。(開けてなければ返品は可能ですが)



なお、好転反応に関しては、医薬部外品の育毛剤でも起こる可能性は少なからずあります。


※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓育毛化粧品一覧へ↓↓

育毛化粧品ランキングへ


↓↓育毛剤ランキングへ↓↓

育毛剤ランキング



トップページへ


 

トップへ戻る