「フィナステリド」「ミノキシジル」特集

育毛医薬品「フィナステリド」「ミノキシジル」特集

育毛医薬品で、日本国内で認可されている成分は「フィナステリド」「ミノキシジル」2つのみです。

 

 

「フィナステリド」「ミノキシジル」の正規品「プロペシア」と「ロゲイン」、またそのジェネリックについて特集です。

 

 

この2つは特に進んだ男性型脱毛症の対応に使われます。

 

 

育毛剤や育毛サプリメントでどうにもならない場合、これら医薬品を使うしかないのです。

 

 

しかし、医薬品だけに慎重に扱う必要がありますし、入手方法が特殊です。

 

 

この特集では特に、間違いのない、安全な入手方法について書いています。

 

 

 

「フィナステリド」「ミノキシジル」特集記事一覧

昨今では質のいい育毛剤が次々にリリースされてきていますね。でも、やっぱり医薬部外品なんです。公に効果が実証されているわけではないんですね。独自調査の結果を公表しているのですが、消費者はそれを「うのみ」にするしかない状況なんです。まあ、体に害がない成分を使っている。それだけは確かなんですが。脱毛を抑制したり、発毛を促すのかどうかという「効能」は使ってみなければわからないわけです。でも、公に臨床研究さ...

男性型脱毛症は対策をしないとどんどん進行してしまいます。もし前頭部と頭頂部の抜け毛が目に見えて進行してきた場合、絶対に男性型脱毛症なんですがね。すごいスピードでその部分は完全にハゲだ!という状態まで到達してしまう人がいます…前までフサフサしていたのに、数年ぶりに会ってみたらすっかり髪がなくなっていたとか、普通にありますよね…それくらい、進行するときは一気に進んでしまいます。超怖いです。抜け始めに速...

「フィナステリド(プロペシア)」は男性型脱毛症の作用を防ぎます。その名の通り「脱毛症」を防ぐのですから、抜け毛対策にということですね。フィナステリドの効果は、男性型脱毛症の原因である活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン・DHT)の生成の過程に直接作用し、5αリダクターゼの作用を阻害します。ただ、5αリダクターゼが活動し続ければ、発毛の邪魔もするわけですから、フィナステリドは脱毛期だけに使えば...

フィナステリドは医療用の医薬品であり、日本国内で一般薬としての販売はありません。医師の処方箋が必要です。しかし、「ハゲ」が一般的に病気とは認められていないため、他の医療用医薬品とは異なり、健康保険で算定されません。ですから薬剤費はもとより、診療費、調剤料などは全額自己負担になってしまいます。薬効が続く程度を毎月処方箋として出してもらえば、毎月10,000円~15,000円程度を負担しなくてはなりま...

ミノキシジルは血管を拡張して血行を良くし、毛髪を作り出す毛乳頭への栄養補給をスムーズにすることにより、毛母細胞の細胞分裂をを促す成分です。ようするに、「発毛用」ですね。ミノキシジルはオリジナル商品名は「ロゲイン」ですが、日本メーカーの「大正製薬」が「リアップ」シリーズとして発売しているのは有名です。発売した当時は、まさに「ハゲた男性の救世主」的な感じでした。「リアップ」は薬剤師の処方により一般薬局...

フィナステリドが男性型脱毛症を抑える効果があることは先に述べたとおりです。実はもうひとつ、フィナステリドと同様の効果をもち、認可が期待されていた成分がありました。GlaxoSmithKline社のデュタステライドです。デュタステリドは元々良性前立腺肥大(BPH)の治療薬として開発されました。のちに「ジヒドロテストステロン阻害薬」として発表されたものの、公式認可のための臨床実験は進まず、現在、米国で...

トップへ戻る