モンゴ流スカルプエッセンスDeeperシリーズ、スカルプ5.0Cを特集。

8種類もの成長因子、そしてミノキシジルの3倍の発毛力をもつ新素材「キャピシキル」を配合した実力伯仲の「育毛化粧品」モンゴ流スカルプエッセンス Deeperシリーズ、スカルプ5.0Cを総力特集です。

 

 

なお、「BOSTONスカルプエッセンス」など新しくリリースされたキャピキシル入り育毛化粧品の記事も追加していきます。

 

 

キャピキシル入りの育毛化粧品は、あまりの力に他の育毛剤が色あせて見えてしまいます。

 

 

基本、反則ですね、この育毛剤、もとい「育毛化粧品」は。

 

 

ただ、力が強すぎて、「好転反応」というものがでやすくもあります。

 

 

そのため、Deeper3Dは最初のサンプルボトルで続けられる人、続けられない人が大きく分かれる傾向にあります。

 

 

無理なまとめ買いは、できたら避けたほうがよいでしょう。

 

購入前に必ずお読みください!好転反応にご注意!


育毛化粧品、特に「Deeper」シリーズの「Deeper3D」については、1つ1つの成分がとても濃いです。



健康食品を食べたとき等に従来よりからだの調子が一時的に悪くなったりする「好転反応」が確認されています。



これは、調子の悪い個所が、漢方薬や健康食品の影響を受けて、一部の悪い細胞が拒否反応を起こすことをいいますが、一過性のものです。



細胞の代謝によって変質細胞が正常細胞に修復されれば、急速に良い方向に進んでいきます。



濃い「育毛化粧品」は、つけて数日は、頭皮が栄養に慣れるまでフケが出たり、抜け毛が多めになったりという人がいますが、すでに弱っていた頭皮と毛根が代謝されている状態です。



それらが落ち着くまでは、数日から長ければ1週間くらいかかることがあります。



その「好転反応」を耐えきれていけるかが、特に「Deeper」シリーズの最大の難関です。



「Deeper」シリーズは他の育毛剤に比べて、頭皮に合わないことの返品率がかなり高いです。



これは、好転反応が他の育毛剤よりも出やすい証です。



「Deeper3D」は14日間のお試しが、お試しボトルがついてきてできますから、好転反応あるのか、また好転反応が治まるかを試しましょう。



1週間、10日で状況が好転しなければ、頭皮肌が極度に弱いということが考えられます。



「Deeper3D」はまとめ買いで安くはなりますが、最初の1本は単品購入したほうが無難です。



尚、育毛化粧品の成分的な強さは、同分量の「キャピキシル」を含むとはいえ、「ザ・スカルプ5.0C」のほうが圧倒的に緩いです。



「ザ・スカルプ5.0C」は通常の無添加育毛剤に「キャピキシル」を入れたというような製品であり、育毛剤に近いつけ心地です。



頭皮が弱いかもしれないという懸念があるかたは、特に「ザ・スカルプ5.0C」をはじめたほうがよいでしょう。



尚、「BOSTONスカルプエッセンス」や「バイタルウェーブ」も好転反応については「Deeper3D」ほどではないにせよ、懸念されるようななかなかに強い内容なので、できればまとめ買いよりは定期便で様子を見ていったほうが良いような気がします。(開けてなければ返品は可能ですが)



なお、好転反応に関しては、医薬部外品の育毛剤でも起こる可能性は少なからずあります。


 

 

Deeperシリーズ・スカルプ5.0C特集記事一覧

「育毛化粧品」という、新たなジャンルを築いていく先駆けとなるのは「モンゴ流スカルプエッセンス Deeper」シリーズになるでしょうね。正直、こんな育毛剤が出てきたら、ほかの「医薬部外品」の育毛剤を使う気にはなれません…では育毛化粧品と、医薬部外品ってどう違うのでしょうか。今、国内で一般流通している育毛剤のほとんどが「医薬部外品」です。医薬部外品にすると、「薬用」の2文字がもらえるため、ほとんどの育...

注目の成分「キャピキシル」。これも、「モンゴ流スカルプエッセンス Deeper3D」が、医薬部外品で厚生労働省に認可申請していたら通らなかったでしょう。注目の成分です。育毛医薬品として効能が認められている成分は2種類しかありません。それが「フィナステリド」「ミノキシジル」です。「フィナステリド」に発毛力はなく、発毛は「ミノキシジル」オリジナルの効能です。その作用なのですが、「血管を膨張させ、血行を...

最近、特に育毛剤に欠かせないキーワードとなっているのが「成長因子」です。成長因子が活発に活動することにより、毛母細胞が細胞分裂、つまり「発毛」するとしています。その育毛剤、もいまや「頭皮の潤いを保つ」「頭皮の血行を良くする」などという効能にとどまっていませんよね。しかしですね、この「成長因子」って、曲者でして、「医薬部外品」に成長因子は入れられません。「成長因子」で代表的なものはFGFで、肌化粧品...

モンゴ流スカルプエッセンス Deeperシリーズには、ナノ化水というものが使われていません。育毛剤業界では「ナノ化」という言葉が盛んに飛び交っていますが、これはミクロを超える、細かく粒子化することを言います。ナノ化された成分でないと、毛根の下までうまく浸透していかないというのです。ただ、ナノ化された成分というのは、成分の作用自体まではナノ化に対応できないという話もあり、その成分がきちんと毛根に吸い...

モンゴ流の製品って、モンゴロイド伝承成分といわれる「イラクサ根/葉」「ユッカグラウカ根」「シーバックソーン」をはじめとして、とにかく配合成分が多いのが特徴です。ただ多いだけではなく、全部の原料で、一定の効果が得られる量を原料メーカーに確認したうえで加えています。そのため、成分種が豊富でありながら、今までの医薬部外品の医薬品ではありえないくらいの高濃度原液のような育毛剤になっています。ここで、どうし...

「ザ・スカルプ5.0C」「Deeper3D」については、育毛化粧品です。医薬部外品として認めることができない、強力な発毛成分を持ちます。それでいて、つけごこちは悪くなく、副作用もない、まさに夢のような育毛製品となっています。でも、確かに、普通に薬用育毛剤よりは強力なんですが、それで何日かで、1ヶ月分で太いいきいきした毛が生えてくるかどうかっていったら、そりゃ無理です。髪には生え換わる準備期間があり...

「ザ・スカルプ5.0Cは、作用が強いから、頭皮の弱い人ってヤバいんじゃないの?」って思っている方がいらっしゃると思います。たしかに、発毛作用は育毛剤に比べると強いんですが、それは頭皮の負担になるわけではないですね。発毛作用が強いのは、成長因子が、成長ホルモンを呼び寄せるためで、頭皮の負担になる、界面活性剤や、保存料なんかの、石油系の化学成分が入っているわけではないので。また、キャピキシルは、5αリ...

マサトです。何度も書いて申し訳ないんですが、大事なことなんで、書きます。実は、「Deeper3D」なんですが、けっこう、注文後、試してみて、「やっぱやめた」って人が少なくないです。「Deeper」はロフトで展開したところ、おおむね好評だったようですし、「まとめ買い」がないので、無理する人がいません。だから、あんまり問題ないようなんですが、「Deeper3D」はまとめ買いすれば、安くなることもあって...

「BOSTON スカルプエッセンス」はちょっと他の育毛剤とは、その「発想」が違います。「キャピキシル」を配合するのであれば、「髪の毛専用の育毛剤」というところから、発想は逃れられません。ですが、「BOSTON スカルプエッセンス」の場合は、「キャピキシル入れちゃったら、もう化粧品でいいんじゃね!?」というような考えで、化粧品としての立場から、「発毛」を考えています。そこが「ぶっとんでいる」ところで...

こんにちは、マサトです。育毛化粧品として登場した新成分。LUCAS MEYER COSMETICS社(カナダ)のキャピキシルですが、この成分は「ミノキシジルの3倍の育毛効果」そのことばかりが注目されていますね。でも、キャピキシルの本来の力は、発毛力のほうもさることながら、強い5αリダクターゼの阻害能力にあると思ってます。むしろ、5αリダクターゼの阻害能力が高いからこそ、髪の伸長力が高くなります。抑...

こんにちは、マサトです。僕の運営するこのホームページに「キャピキシルはなぜ医薬品ではないのか」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。今日はこれについて書いていこうと思います。キャピキシルは、医薬品成分ではありません。医薬品の定義で、キャピキシルにかかわる条項というと、医薬品医療機器等法第2条において「人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって機械器具、...

トップへ戻る