悪玉男性ホルモン抑制!成長因子に作用!ダブル効果の育毛剤!

育毛剤の役割…発毛に育毛剤が必要な根拠とは!?

育毛剤の本当の役割とは?

突然ですが、育毛剤の役割ってどんなことか、知っておいでですか?

 

 

「知ってるよ!髪を生やす液体だろ!だから、髪を生やしてくれるんだよ!」

 

 

ん~…30点です…

 

 

失礼しました…

 

 

こんにちは、マサトです。

 

 

育毛剤は本来、髪を生やす役割はできないんですね。

 

 

そこまでの成分を入れたら、育毛剤として、「医薬部外品」での一般販売はできないからです。

 

 

「じゃ、育毛剤って髪生やさないなら無駄じゃん!( ゚Д゚)…俺たち、だまされたんかい!(#`Д´)ノゴルァァァァァ!!」

 

 

れ…冷静に…

 

 

育毛剤には「髪を生やすための環境」つまり「髪が生える条件を整える」という大切な役目があるんです。

 

 

最近多い、「成長因子に働き掛ける」育毛剤ですが、これは直接髪の元である「毛母細胞」を分裂させる作用をもつ成分は入っていません。

 

 

代わりに、毛根の中で、体が作りだす「成長因子」を刺激する、あるいは成長因子を作り出しやすくする栄養素を送るなどするのです。

 

 

なんだか、回りくどいですが、それをやるのとやらないのでは大違いなんです。

 

 

残念ながら、育毛シャンプーにはそこまでの力はありません。

 

 

もちろん、育毛シャンプーがないと育毛剤の力を十分発揮できないばかりか、過剰な皮脂と混じって、余計に頭皮の環境を悪化させる恐れもありますので、育毛シャンプーは絶対に必要なんですがね。

 

 

発毛までを考えるのであれば、育毛剤はもはや必須のアイテムですよ!

育毛剤の「黒船?」ついに登場!?

ついに育毛剤の真打ち登場!

直接、髪を生やすための成分が入ってなかった育毛剤…

 

 

そのお役目は、頭皮環境を整えるための、サポートをすることだったのですが、突然それはやってきました。

 

 

なんと、直接、髪の元、毛母細胞に、成長因子を送り込んで、毛母細胞の分裂を促す育毛剤が登場したのです。

 

 

それは「育毛化粧品」というジャンルで登場しました…

 

 

実は、このジャンル、(毛髪再生の)医療現場ではあったんですね。

 

 

医療といっても、健康保険が効かない美容医療の現場ですが。

 

 

まあ、バカがつくほど高いわけですが、それが手の届く価格で登場です。

 

 

いままで治療院に行くしかなかった「ハーグ療法」が自宅でできてしまう…

 

 

業界が激震しました。

 

 

最初の登場した製品は「Deeper」です。

 

 

この商品が成功したら、皆こぞって「育毛化粧品」出すようになるかもしれない…

 

 

⇒ そして2014年10月に、2つ目が登場しました。

 

 

新企画の育毛化粧品が、化粧品メーカー「美彩」より。「ザ・スカルプ5.0C」

 

 

現在では、キャピキシルは人気成分となりつつあり、スカルプケアシャンプーにも入れられるようになっています。

 

 

ただ、育毛剤としては、やはり「医薬部外品」としての冠が欲しい、ということで、なかなかリリースが進みませんでしたが、ついにメジャーどころの育毛商品メーカー「エスロッソ」から「BOSTON」シリーズにラインナップされました。

 

 

すでにキャピキシルは人気成分として認知されています。この市場はどんどん進化していくでしょう。

 

 

※注:特に「Deeper3D」をはじめとした濃厚なエッセンスタイプは特に好転反応が大きい傾向にあります。実際に始めるようと思っている人はよくよくご注意ください。
⇒ 好転反応に関しての記事はこちら

 

育毛剤を超える!特にお勧めの「育毛化粧品」はこの3種類だ!

「ザ・スカルプ5.0c」

スカルプ5.0

3種類の髪の成長にかかわる「成長因子」と特濃5%「キャピシキル」配合。


ミノキシジルの約3倍の発毛力!


さらにリニューアルで浸透力が大幅アップし、育毛化粧品としても育毛剤としてもトップクラスの内容に!


超長期の返金保証60日やらなきゃ損の強力育毛化粧品!


でも、キャピキシル以外は頭皮にやさしい「薬用育毛剤」がベースですので、安心感があります。


このサイト内の「ザ・スカルプ5.0c」レビューページはこちら。

 

 

「バイタルウェーブ スカルプローション」

バイタルウェーブ スカルプローション

人気の育毛医薬品「ミノキシジル」の3倍の発毛成果が確認されたという新成分「キャピキシル」を配合した最新育毛化粧品。


さらに新型のIPS細胞素材やEGF、FGF、IGF等の多くの注目成長因子(グロースファクター)を濃厚配合。


定期便は長期返金保証30日間で頭皮に合うかどうかお試し可能。


定期便休止もいつでも自由とユーザーにとことん有利な購入条件で人気。


このサイト内の「バイタルウェーブ スカルプローション」レビューページはこちら。

 

 

「フィンジア」

フィンジア

カプサイシンで頭皮を柔軟にしてキャピキシル、ピディオキシジルを頭皮と毛穴の奥にしっかり広げ浸透させる。


新素材ピディオキシジルを最高濃度2%で配合。


全額返金保証が30日付きで、定期便はいつでも休止可能で始めやすいです。


このサイト内の「フィンジア」レビューページはこちら。

 

↓↓育毛化粧品一覧はこちら↓↓

育毛化粧品特集

医薬部外品の育毛剤のほうが育毛化粧品よりよい人もいます。

医薬部外品も負けてない!

新しい「育毛化粧品」に目が行きがちでしょうが、育毛化粧品はいい意味なのですが、「好転反応」が強めで、それに耐えられないというリスクがあります。

 

 

副作用は、体が悪くなるのですが、好転反応はよい方向に向かって出るものなので、よいのですが一時的な状況の悪さに耐えられなくなってしまうんです。

 

 

「頭皮が弱く」「髪の根元が心もとないのでしっかいさせたい」という自覚がある人は特に心配になるでしょう。

 

 

そのような人はやはり、医薬部外品の育毛剤のほうが良いですよ。

 

 

育毛剤は基本的に、「発毛するための頭皮の環境をよくしてくれる」目的のもので、育毛化粧品ほどの強さがありません。

 

 

そのため、むしろ、育毛剤のほうがおススメです。

 

 

もちろん、いいものを続ければ、頭皮の栄養状態と、毛包の健康状態を改善して、健康な発毛につなげてくれます。

 

 

頭皮の環境を整えるには、育毛医薬品では当然できませんし、育毛シャンプーでも十分ではないですから、なんだかんだで育毛剤はあったほうがよいのです。。

 

 

育毛シャンプーは発毛を促すのに有効な成分がほとんどすすぎの時にながれてしまいます。

 

 

発毛させる環境を整えるには、育毛シャンプーできれいにした毛穴に、有効成分を染み込ませて、長時間成分を作用させるということが大切です。

 

 

その有効成分の役割は主に2つ。

 

 

  • 悪玉男性ホルモン(DHT:ジヒドロテストステロン)を生み出す5αリダクターゼの作用をブロックすること
  •  

  • 頭皮の血行を促進したり、頭皮を殺菌して頭皮環境を整えること

 

 

さらに最近では、3つ目の役割として、発毛に必要な成長因子の生成をサポートすることも当たり前になってきました。

 

 

成分の組み合わせにより、キャピキシルに匹敵する力を持つ薬用育毛剤もリリースされてきており、薬用育毛剤も大きく進化してきています。

 

 

このサイトではこの3つの役割をしっかり果たす、良質な育毛剤のみをランキングでまとめました。

 

 

「育毛化粧品」を迎え撃つ、進化を極めたおススメ薬用育毛剤

天然無添加育毛剤「イクオス」

イクオス

特濃の3種類の海藻成分を配合。このキャピキシル並みに強力な育毛成分を含めなんと61種類もの天然成分を配合。


さらに46種類もの成分が入る育毛サプリメントもバンドルで、低価格。


生えるまで完全サポート。


尚も45日と超長期の返金保証付。


このサイト内の天然無添加育毛剤「イクオス」レビューページはこちら。

 

 

「薬用ポリピュアEX」

薬用ポリピュアEX

なんと6年連続モンドセレクション金賞の長年トップ評価を受ける薬用育毛剤。


常に改良されまくり。もとから定評のある酵母エキス「バイオポリリン酸」に加え、独自成分として「バイオパップス」開発、配合。発毛、育毛の両面からアプローチ。


さらに50nm~200nmの業界最小レベルのナノカプセル粒子が毛母細胞だけでなく角質層まで浸透。


45日間の返金保証もあり、至れり尽くせり。


このサイト内の「薬用ポリピュアEX」レビューページはこちら。

 

 

「ナノインパクト100」

ナノインパクト100

1日2回の塗布で、ほとんど24時間、頭皮の角質層全体に拡散して作用し続ける、とんでもない「インパクト」の多成分薬用育毛剤。


ナノカプセルに入る成分は、有効成分を含めなんと43種類!それだけの種類の成分が角質層全体に浸透。しかも1回の塗布で12時間も継続してしまう。


定期便は長期返金保証30日間で頭皮に合うかどうかお試し可能。


定期便休止もいつでも自由ととっても魅力的な購入条件。


このサイト内の「ナノインパクト100」レビューページはこちら。

 

↓↓当サイトの育毛剤ランキングはこちら↓↓

育毛剤ランキング

本気の発毛には、育毛サプリメントもないとダメですよ!

マジならサプリは必須!

頭皮環境が整って、成長因子も充実!

 

 

いよいよ丈夫な髪が…

 

 

ちょっと待ってください!

 

 

本当に頭皮環境、整いました?タバコ、吸ってるんじゃないですか?

 

 

そもそも、食生活、乱れてませんか?

 

 

次第に整っていくヘアサイクル…育毛剤を根気よく続ければ、必ずよくなってきます。

 

 

でも、生活が乱れて、髪の材料が足りなかったり、体全体の血行が悪ければ、なかなか結果は出ないです。

 

 

髪となる材料、髪を合成する材料、そして体調を整える栄養素

 

 

これを補給すれば、最速で丈夫な髪が戻ってきます。

 

 

そのためには「育毛(発毛)サプリメント」は欠かせないですよ。

 

 

僕が抜け毛を抑えられて、再び、満足な髪質を取り戻すことができたのは育毛サプリのおかけです。

 

 

そんな育毛サプリについても僕、マサトはまとめています。

 

↓↓マサトの育毛サプリサイト↓↓

育毛サプリサイトへ

育毛剤のポテンシャルを生かしきるには、下地を作らないといけない!

さあ、育毛剤を買ったぞ~!

 

 

でも、頭皮がヒリヒリしたところにつけて大丈夫?

 

 

ちょっと待って、シャンプー何つかってんの?(・ω・;)

 

 

男性型脱毛症の症状って、皮脂が多くなって、抜け毛が増えることから始まるんですけど、ひょっとしたら、それは男性型脱毛症じゃなくて、シャンプーのせいかもしれないんですよね。

 

 

しかも、たまたま変えたシャンプーがダメだったからということもありますが、急にストレスとか体調が落ちてるとか、いろんな要因で、今までのシャンプーがダメになるということもあるんですね。

 

 

まず、言えることは、市販の強い洗浄力のシャンプーを使っていても、なかなか元には戻らないということです。

 

 

頭皮環境の歯車が狂ってきたところで、同じシャンプーをつかっててもね…ってことです。

 

 

ましてや、育毛剤を浸透させるためには、今のままの環境ではダメですよ。

 

 

育毛剤の前に、スカルプシャンプーは自分に合ったものをきちんと使っておかなくてはダメです。

 

 

マサトは、スカルプシャンプーのサイトも運営してるので、是非そちらを見てみてくださいね。( ゚∀゚ )

 

↓↓マサトのスカルプシャンプー特集はこちら↓↓

スカルプシャンプー特集

育毛医薬品「フィナステリド」「ミノキシジル」について

近頃の育毛剤、育毛サプリメントはどんどん良くなっています。

 

 

マニュアルどおりにしていれば、頭皮環境はしっかり改善してきて、抜け毛も抑えられます。

 

 

ですから、あまり使う機会はないかもしれませんが、育毛医薬品についても特集しています。

 

 

育毛剤、育毛サプリを続けるには根気が必要です。

 

 

医薬品ではありませんので、栄養投与を続けながら、体と頭皮が健康と、安定を取り戻すことを待つしかないからです。

 

 

長い育毛の日々に迷いが生じてしまったら、作用の強い育毛医薬品は一時的に救世主になるであろうことは否めません。

 

 

上手に使えば副作用はありませんし、成果が早いことは間違いがありませんので、使うことを僕は止めません。

 

 

ただし、保険効きませんし、高いです。

 

 

しかも、サプリなんかと違い、手に入れにくいです。

 

 

そこで、僕、マサトが、育毛医薬品についてもいくらか特集を組んで解説しましたのでご参照ください。

 

↓↓マサトの育毛医薬品特集はこちら↓↓

育毛医薬品特集へ

 

 

トップへ戻る